ホーム > リフォーム > 太陽光発電リフォーム
タイトル
蓄電池投入のメリット
おすすめ[特別価格]リフォーム

太陽光発電システムの「固定買取制度」10年を選択された方は、
2019年11月より買取期間満了を順次迎え始めています。

固定価格で買い取りを選択されていた方で、
買取期間満了後は作った電力は自宅で全部使う
「自家消費」をお考えなら・・・

家庭用蓄電池のすすめ メリット1

電気を賢く貯めて買電量を減らす

電気料金が安い夜間に蓄電池へ貯めた電気を昼間使うことで電気代がお得に。 深夜が安く日中は高い電気料金プラン※に契約変更することで、経済メリットが得られます。※中部電力の「スマートライフプラン」など

災害(停電)時に安心の電力供給

災害時の避難理由のひとつは「電気やガス等が使えない」こと。例えば10kW程度の容量の蓄電池であれば、TV・携帯電話などの情報機器、冷蔵庫・照明などの家電品に必要な電源を約3日間確保できるので安心です。

太陽光発電システム+蓄電池で電気を自家消費

固定価格買取制度(FIT)終了後は、太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせた「自家消費」が主流に。発電量が多い昼間は太陽光発電の電気でまかない、余った電気は蓄電池に充電(満タンになったら売電)。晩・深夜~朝は蓄えた電力を使えば購入する電気量が減らせます。

蓄電池には主に、通常のコンセントにつないで使用するタイプと、配線工事を行い据え付けて使用する系統連系タイプがあります。停電時の非常用電源として、あるいは電気料金の削減を図るためなど、蓄電システムをどのような目的で使用するのか、どの程度の電気容量の確保が必要かなどを具体的にイメージし、それに見合った設備を選択することが重要です。

1.5kw 2.0kw
3.0kw 12.0kw

蓄電池を選ぶ時に注意したい点。1つめは蓄電池の発電方法を確認し、ライフスタイルにあった蓄電池を選ぶ事。蓄電池には発電方式が3つあり、シングル発電か、ダブル発電か、切り換え型です。「シングル発電」は、太陽光で発電した電力を家庭で使い、余った電力を売電するタイプです。「ダブル発電」は、太陽光発電で発電した電力を家庭で使い、余った電力を売電しながら電気代の安い夜間に蓄電池に充電した電力を売電する方式で、売電料を増やすことができるタイプです。住宅用の蓄電池は売電価格がシングル発電の方が高いため、シングル発電が主流ですが、蓄電池の容量が大きい場合、ダブル発電の方が有利になる場合があるので検討してみましょう。 2つ目はメーカー保証のある蓄電池を採用すること。一般的には10年保証が多く、価格が安い蓄電池は保証期間が無かったり、短かったりしますので確認しましょう。

リフォームに関するご相談やご質問等お待ちしております。新築の方も導入をお考えの方もまずはご相談ください!

お問い合わせはこちら

リフォーム特別価格でご提供

太陽光発電システム
パナソニック HIT

3.0kW


リチウムイオン蓄電池

5.6kWh

リフォームに関するご相談やご質問等お待ちしております。新築の方も導入をお考えの方もまずはご相談ください!

お問い合わせはこちら 太陽光発電リフォームへ
蓄電池投入のメリット おすすめ[特別価格]リフォーム

太陽光発電システムの「固定買取制度」10年を選択された方は、2019年11月より買取期間満了を順次迎え始めています。

固定価格で買い取りを選択されていた方で、買取期間満了後は作った電力は自宅で全部使う「自家消費」をお考えなら・・・

家庭用蓄電池のすすめ メリット1

電気を賢く貯めて
買電量を減らす

電気料金が安い夜間に蓄電池へ貯めた電気を昼間使うことで電気代がお得に。 深夜が安く日中は高い電気料金プラン※に契約変更することで、経済メリットが得られます。※中部電力の「スマートライフプラン」など

災害(停電)時に
安心の電力供給

災害時の避難理由のひとつは「電気やガス等が使えない」こと。例えば10kW程度の容量の蓄電池であれば、TV・携帯電話などの情報機器、冷蔵庫・照明などの家電品に必要な電源を約3日間確保できるので安心です。

太陽光発電システム
+
蓄電池で電気を自家消費

固定価格買取制度(FIT)終了後は、太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせた「自家消費」が主流に。発電量が多い昼間は太陽光発電の電気でまかない、余った電気は蓄電池に充電(満タンになったら売電)。晩・深夜~朝は蓄えた電力を使えば購入する電気量が減らせます。

蓄電池には主に、通常のコンセントにつないで使用するタイプと、配線工事を行い据え付けて使用する系統連系タイプがあります。停電時の非常用電源として、あるいは電気料金の削減を図るためなど、蓄電システムをどのような目的で使用するのか、どの程度の電気容量の確保が必要かなどを具体的にイメージし、それに見合った設備を選択することが重要です。

1.5kw 2.0kw 3.0kw 12.0kw

蓄電池を選ぶ時に注意したい点。1つめは蓄電池の発電方法を確認し、ライフスタイルにあった蓄電池を選ぶ事。蓄電池には発電方式が3つあり、シングル発電か、ダブル発電か、切り換え型です。「シングル発電」は、太陽光で発電した電力を家庭で使い、余った電力を売電するタイプです。「ダブル発電」は、太陽光発電で発電した電力を家庭で使い、余った電力を売電しながら電気代の安い夜間に蓄電池に充電した電力を売電する方式で、売電料を増やすことができるタイプです。住宅用の蓄電池は売電価格がシングル発電の方が高いため、シングル発電が主流ですが、蓄電池の容量が大きい場合、ダブル発電の方が有利になる場合があるので検討してみましょう。 2つ目はメーカー保証のある蓄電池を採用すること。一般的には10年保証が多く、価格が安い蓄電池は保証期間が無かったり、短かったりしますので確認しましょう。

リフォームに関するご相談やご質問等お待ちしております。新築の方も導入をお考えの方もまずはご相談ください!

お問い合わせはこちら

リフォーム特別価格でご提供

太陽光発電システム
パナソニック HIT

3.0kw


リチウムイオン蓄電池

5.6kwh

工事費込特別価格

お問い合わせください

リフォームに関するご相談やご質問等お待ちしております。新築の方も導入をお考えの方もまずはご相談ください!

お問い合わせはこちら 太陽光発電リフォームへ
ページの先頭へ